群馬弁「お大事なさい」意味

今回ご紹介する群馬弁は「お大事なさい」。

特に医療機関でよく使用される言葉ですが、ご存じですか?

この記事では、「お大事なさい」の意味を解説しています。

また、「お大事なさい」を使った例文を初級~上級に分けて作成しているので、どこまで言葉の意味が理解できるか挑戦してみてください!

こんな人に読んでほしい!
  • 「お大事なさい」ってどういう意味?
  • 「〇〇なさい」って、怒られてるの!?
  • 正しい使い方を知りたい!

言葉には不思議がいっぱい!
でもいまさら誰かに聞くのは恥ずかしい…。

この記事を読んで、一緒に「こっそり」解決しましょう!

スポンサーリンク

「お大事なさい」の意味

群馬県
補足

※この記事では群馬弁として紹介していますが、群馬県以外でも同じように使う地域はあるようです。
また、群馬県内でもこの方言を使用していない地域もあります。


「お大事なさい(おだいじなさい)」

【意味】
お大事にしてください。

日常会話や医療機関など、どんな場面でも使用可能です。

  • 日常会話で言う「お大事に!」
  • 医療機関等で言う「お大事になさってください」

どちらの言い方も「お大事なさい」でOK!

ちょっとした日常会話から、医療機関等で相手を気遣うような丁寧な言葉としても使える、とても幅の広い言葉です。

その使い分けは、伝える相手によって言い方を変えて使います。

  • 日常会話だったら「お大事なさい!」
  • 医療機関等だったら「お大事なさ~い」

丁寧に伝えたいときは語尾を伸ばしてやんわり言う表現となります。

正しい使い方(例文)

ポイント

それでは、正しい使い方について例文を見てみましょう。

初級・中級・上級で会話が進みます。
どれだけ理解できるか挑戦してみてください!

※運営者は長野県寄りの群馬弁ですので、地域によっての言葉の違いはご了承ください。

初級

けん
体調が悪いので部活を休ませてください。
先生
おぉ!だいじか?お大事なさい!

【解説】

けん「体調が悪いので部活を休ませてください。」

先生「おぉ!大丈夫か?お大事にな!」

中級

まり
最近腰がえらい痛くて。
外へ出るんがおっくうなんさね。
看護師
ここが痛いん?
お大事なさいね~。

【解説】

まり「最近腰がすごく痛くて。外に出かけるのが大変なのよね。」

看護師「ここが痛むの?お大事にしてくださいね。」

上級

ミチコ
まーず腰が痛くてはぁーダメだい。
ちっとんべぇ薬飲んだって効きゃーしない。
医者
おやげねぇ。
湿布も出しとくから使ってみない。
また来週来ないね(きないね)。
お大事なさい。

【解説】

ミチコ「本当に腰が痛くもうダメなのよ。少しくらい薬を飲んでも効かないんだもの。」

医者「かわいそうに。湿布も出しておくから使ってみてください。また来週来てくださいね。お大事にしてください。」

スポンサーリンク

使い方の注意点

群馬弁で「みない」「来ない(きない)」など否定文のように聞こえる言葉は、否定の意味で使用していません。

「みない」=「~してみたら?」
「来ないね(きないね)」=「来てね」

一般的な使い方と逆の意味をもちます。

もし群馬の人に「明日来ないね~!(きないね)」と言われたら、「来ないでね」という意味ではなくて「来てね」という意味なのでご注意ください。

スポンサーリンク
おすすめの記事一覧